二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

キャンピングカーでアメリカ横断① ニューヨーク・プリンストン

なんとかアメリカに着いてから三日目。

これまではニューヨーク近辺をブラブラしておりました。とりあえず、ここまでのところをまとめておきます。

 

羽田~北京~JFK

今回の飛行機はエアチャイナ。往復でも6万くらいだったので割とお得感はある。東京からニューヨークに向かうためにまず北京に行くという真逆の方向感はウケる。

北京では3時間くらいトランジットで暇だった。Wi-Fiは一応あるにはあったが、そこは中国、グーグルもツイッターもラインも使えないので注意。空港内に噴水があったのがなかなかツボ。

 

ここで書いておきたいんですが、僕のスマホはいまレンズにがっつり傷がついていて、まともに写真が撮れません。

 過去にこんな


偉そうな記事も書きましたが、今回ばかりはコーティングじゃなくてレンズそのものに傷がイっちゃったので直せません。ドンマイ。

 

という事情で、今回の旅行記事ではあんまり写真が載せられません…名カメラマンが同伴しているので、後日添付することはできます。サーセン!

 

で、北京はやっぱおもろい。出発時刻も過ぎて、搭乗待ちの人が滅茶苦茶並んでるのに窓口の人々はのんびりボンヤリしている。アナウンスも無い。いや別に怒っているわけではなく、日本とは全然ちげーなースゲーーと感心しただけです。のんびり、イイっすよね。

 

北京で乗り換えてからは14時間くらいのフライト。

今回は

f:id:yksn25:20170311011914p:plain

こんな感じで本を持ってきた。アメリカ関連がメイン。断層海流は全く関係ない。

とりあえずサリンジャーのフラニーとゾーイーを読む。この本、川上未映子が「フラニーとゾーイーやねん」という関西弁訳をエッセイ本の中でしていた。

 

あとは是枝監督の『海よりもまだ深く』を観た。あれは良い。何がいいって、西武池袋線沿線が舞台なところ。

そんなこんなで到着。

 

Jazz Standard・Blue Note

とりあえず昨日おとといの二日間ともライブに行きました。初日はベン・ウェンデル・グループ。いや~ケンドリック・スコットは天才。流れをそのまま表現できる。

昨日はロイ・ヘインズ92歳おめでとうライブ。ゲストはロイ・ハーグローヴでした。ロイヘインズ、1940年代から第一線で活躍してきて、今なおお茶目で楽しいライブをしていた。本当に、グレイト・ロイ・ヘインズという感じでした。同じ曲二回やっちゃったりしてたけど。お爺ちゃんだからね。

ロイハーは、あれはまだクスリやってるな。まともに歩けてない。演奏は期待以上に良かった。

 

 プリンストン再訪

二年前、農業ステイをしているときに過ごした町、プリンストンにも再び行ってきた。

f:id:yksn25:20170311013138p:plain

 

ニューヨークから電車で二時間、隣のニュージャージー州。駅を出るとすぐに落ち着いた雰囲気のプリンストン大学がある。人が多くてうるさいニューヨークより、こちらのほうが好き。とても綺麗で小洒落ていて、サイコーな町です。

 

今回はプリンストン・レコード・エクスチェンジという、アメリカ全体で見ても有数の規模(と自称する)レコード屋にも行ってきた。

f:id:yksn25:20170311013343p:plain

これがまた安い。結局スライとオスピと『スティング』サントラと バディリッチを買って19ドルです。サイコー也。

f:id:yksn25:20170311142023p:plain

 

ニューヨーク豪雪、そしてキャンピングカー

f:id:yksn25:20170311142207p:plain

キャンピングカーを借りる本日、ニューヨークはまさかの豪雪。寒すぎだろ。

 

そしていよいよ、

f:id:yksn25:20170311142443p:plain

キャンピングカーやで!!!

 

f:id:yksn25:20170311142516p:plain

かっけーーーー!デケーーーーー!!運転が難しい!!

 

中も広々。僕はロフトスペースで寝ています。さっきピザとコーラで夕食取りました。形式を重んじる男。

 

という感じで、キャンピングカーアメリカ横断をスタートさせました。果たして無事に西海岸に辿り着けるのか。

 

余談ですが、スーパーで買い出ししてるときに見たこの風景

f:id:yksn25:20170311143233p:plain

がたまらん。スケールがちげえ。

キャンピングカーでアメリカ横断します。

お久しぶりです。いまだに北海道ツーリングの記事を完結させていませんが、今からアメリカに行って北米大陸東西横断してきます。

 

キャンピングカーなんて乗ったことないのでめちゃくちゃ興奮する。まずは2年ぶりのニューヨークから出発して、ロサンゼルスまで突っ走る予定です。

 

しかも、ニューヨークでは一人でブラブラするのですが、8日(今夜)はベン・ウェンデルとケンドリック・スコットとケビン・ヘイズとジョー・マーティンのライブがある!25ドル!翌日は小曽根真とゲイリー・バートンのデュオ、マーク・ターナーのグループ、ロイ・ヘインズfeat. ロイ・ハーグローヴ。

どれ行けばいいんだ!ニューヨークのジャズは強すぎるぜ。

 

しかも8日はサークルの先輩がなんとアポロシアターに出演するのです。マジでもうどれ行けばわからん。

とりあえず、そういう感じでアメリカ各地楽しんできます。バイクも排気量制限なしで乗れる。サイコーだぜ。いってきます。

『人間だって動物だい』(吾妻光良)はとんでもなくイイ曲。

お久しぶりです。気を抜くとすぐ数か月が過ぎてしまうので良くない。

 

最近何をしていたかと言うと、新宿の某ジャズクラブに通い詰めてあんな人やこんな人と知り合ったり、そのまま新宿三丁目のスナックに溜まるようになって毎日朝まで飲む生活が始まったり、卒論を書いたり、バイクに乗ったりしていました。あとここのところ深夜に突然クルマでスーパー銭湯に行くことも多かった。

 

卒論を書くことを通して、自分の関心が改めて明らかになった。そこに確かに存在した空気や人間について。忘れられようとしている時代について。アナログの世界について。

 

アナログと言えば、新宿で過ごす夜の何が楽しいって、アナログで音楽を流すバーが多いこと。今時なかなか無い。聞こえてくる音とノイズ、飾られるジャケット、それらがあると知らないオッサンたちとの会話も弾む。

 

間もなく就職、間もなく卒業という時期は、昔を振り返ったり先のことを考えたり忙しい。10代の頃も、大学に入ってからも、なんだかんだ色々と経験できた。いや、なんだかんだとか卑下する気は毛頭ないけれども。色々経験した。

あと一か月と少しで会社に所属するというのは正直ピンとこない。というか嫌だ。けれども、それこそなんだかんだ色々と経験するイイ機会なんだろう。上で先のことと書いたのはその先のこと、いつまで会社にいるのか、いつどう死ぬか。

 

 

格好いいことを書きましたが、今ぼくは財布を失くしています。イヤ~、そりゃあ、三日に二回朝まで飲んだくれていれば財布も失くなるわ。助けてください。

 

しかしまあ、たまらん名曲ですね。

 

SQUEEZIN’&BLOWIN’

SQUEEZIN’&BLOWIN’

  • アーティスト: 吾妻光良&The Swinging Boppers,松竹谷清,服部恭子
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2002/02/21
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (19件) を見る