読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

中央線に乗ったら聴きたくなる音楽

今日はバイトが早く終わったので前から買いたかったアルバムを三枚買った。

まず空気公団

春愁秋思

春愁秋思


夏に多摩川河川敷でやってた蚤の市的な手作り市(名前忘れた)のときに生で聴いて心惹かれていたんだけど、結局その後今に至るまでアルバムを買ってはいなかった。
初期のユーミンみたいな、穏やかで切ない感じ!たまらん!


次に青葉市子。

剃刀乙女

剃刀乙女

今年に入ったくらいからYouTubeで聴き始めて、すぐに虜になった。けれどこちらもアルバムを買うには至ってなかった。そもそもギターの表現力が卓越しまくってる上に不思議なトーンの声質が重なって、なんだか泣きそうになる。
深夜や早朝に聴きたい。

あと阿佐ヶ谷ロマンティクス。
彼らは僕と同年代の大学生。というか友達が所属してる早稲田の中南米研のバンド。

もともとスカやロックステディやレゲエは好きだったので、当然ながらこういう音楽はハマる。
ルーツミュージックに忠実なようでいて、最近の若手バンド特有の、といったら偉そうだけど、あの親近感というか空気感もある。素敵な音楽だ。




ビッグバンドのリサイタルが終わって、今聴いてるのはミツメやら森は生きているやら空気公団やら、とにかくそういうシティポップ的なバンドだ。
でも山下達郎ユーミン大貫妙子みたいなそういう気分でもない。
中央線に乗ったらすぐ会えそうな、そういうバンドがいまは好きだ。