読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

攻殻機動隊 新劇場版を観た

先日、友人たちと攻殻機動隊の新劇場版を観に行ってきました。彼らとはここ2年間、半年に一度公開された攻殻機動隊ARISEも全て一緒に観に行った。と言いたいけれどそういえばARISE最終章、ボーダー4を寝坊して見損なったこともありました(後で一人で観に行った)。

今回のコレは、「新劇場版」などと割と詐欺っぽいタイトルを付けてはいるものの、色々やっても結局風呂敷が纏まらなかったARISEシリーズの締め作品。とはいえ、仕切り直しということで旧来のファンを呼ぼうとしているのか、押井版チックなビジュアルが宣伝に使われていた。

 

攻殻機動隊シリーズというのはいろいろあって、

 

士郎正宗による原作

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

 

 

押井守による映画化

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊  [Blu-ray]
 

 

イノセンス [Blu-ray]

イノセンス [Blu-ray]

 

 

③神山によるOVA化(SAC)

 ↑ちなみにコレは一期の「本筋」と言える笑い男事件に関する話だけを抜き出してまとめたもの。攻殻機動隊入門には一番オススメします。

 

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD-BOX (初回限定生産)

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD-BOX (初回限定生産)

 

 

 SACは大人気だったため色々多い。

 

攻殻機動隊ARISE

 

という感じ。これらのコミカライズだとか色々メディア展開も多い。

 

僕が一番好きなのは押井版で、イノセンスの無常感、執拗に繰り返される引用(これがめちゃくちゃ不人気)、バトーの渋さに感動して攻殻機動隊にハマった。

それでいくと、ARISEはSACで確立された「キャラアニメっぽさ」を受け継いでしまっている気がして、少し残念だった。あと勿論ビジュアルについても、

押井版がこうで、

SACでこうなったのが、なんで知らんけど、

こうなっちゃったのが残念でしょうがなかった。

 

 

 

で、そこそこの期待で臨んだこの新劇場版は、めちゃくちゃに面白かった。以下、文章力不足のためマトモな考察は出来ないけれど、ダラダラと感想を。

なんだARISEシリーズ超有終の美飾ってんじゃん、と言った感じの作品。きちんと攻殻機動隊の世界を説明しつつ、草薙素子たちの仕事を説明しつつ、ARISEで起こった擬似記憶ウイルス、ファイアスターター絡みにも区切りをつけて、原作・押井版・SACにつながっていく予感を抱かせる終わり方。

電脳世界の描写は少しSACに寄せてきていて懐かしさを覚えました。アクションも綺麗だったし、コーネリアスの音楽もなかなか好きだった。

チームとしての攻殻機動隊を描くのに成功しているし、難解なストーリーの中でも政治闘争を(なんとか)描き、なんかEXILE TRIBEの人はいる必要感じなかったけれど、とにかく良かった!

 

また、ARISEで納得がいかなった同人っぽい雰囲気(サイト-がギャグキャラ扱い、バトーもお茶目な側面ばかり強調される)は鳴りを潜めたのも良かった。

さらには、押井版では出番なし、SACではほぼ一秒も活躍していないパズとボーマも鬼気迫る活躍ぶりを見せてくれました。というか観る前から「ボーマが何回画面に映るか」「ボーマが何秒しゃべるか」というダービーをやっていた僕たちは、劇場で凄まじく強いボーマの姿を見せられて思わず涙を流してしまったのでした。

だって、バトーとトグサはまあメインキャラとして、イシカワは電脳戦専門かと思いきや肉弾戦も強く、サイト-は女性人気を一手に引き受け、パズはこれまでの不遇を挽回するかのようにARISEでは目立ちまくり、そんな中ボーマは……

 

おめでとう、ボーマ。