読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』のホークアイも期待大。アントマンとスパイダーマンは何処だ。

www.youtube.com

一週間ほど前、来年上映の「シビルウォー」トレイラーが公開されました。

ネットには色々と解説なども上がっているところだと思われますが、遅ればせながら僕も記事を書いてみたいと思います。

 

萌えキャラにしか見えないホークアイ

さて、この短い動画には見どころがたくさんあります。とにかくフィーチャーされるウィンター・ソルジャーことバッキー、初登場のブラックパンサー、そしてキャプテン・アメリカとアイアンマンが激闘の最中交わす、"すまない、トニー。彼は友達なんだ" "俺もそうだった"という会話。

しかし、やはり一番大切なのは我らが一般人ことホークアイです。今回の出番は、1分47秒に後ろのほうで眩しそうにしているホークアイ、1分52秒に頑張って走っているホークアイ。以上。どうしてなんだホークアイ。

ご覧ください、この美しい画面を。

f:id:yksn25:20151130135608p:plain

ファルコン(飛んでる)・キャップ(強化人間)・ウィンターソルジャー(ほぼ強化人間)・スカーレットウィッチ(魔女)に置いていかれないように、只の人間であるホークアイが凄く、物凄く頑張って走っているという感涙のシーンでございます。頑張れホークアイ。

 

アントマンとスパイダーマンに見せ場はあるのか

今作には数多くのヒーローが登場しますがやはり話題になるのはスパイダーマンのMCU参戦でしょう。これまでソニーピクチャーズにより権利を押さえられ、同じくFOX支配下のX-MENやファンタスティック・フォーと共に、アベンジャーズ人気を指をくわえて見守るしか無かったスパイダーマン。ディズニー様がナシをつけ、晴れてアベンジャーズ参戦でございます。まあ尺もないし多分今後の単独シリーズの宣伝にすぎないので顔見せ程度、スーツを着るかどうかも怪しい、戦闘は恐らくほぼゼロ、というのが大方の予想であります。

一方、今年映画が大ヒットしたアントマンもシビルウォーには出演します。対立する両陣営を示した以下の画像でもアントマンはしっかり映っています。

見つけられたでしょうか。勿論アントマンは最強の男ホークアイの肩の上に立っております。

この2人といえば、かの神ゲー「マーベルvsカプコン」におけるホークアイの必殺技が「アントマンがひっついた矢を飛ばし、最終的にアントマンが敵をぶっ殺す」というものであったことを思い出します。必殺技すら他力本願でお馴染みのホークアイさん(指摘を頂きましたが、これは原作ネタとのことです)。

僕の勘ですが、アントマンが誰かとマッチアップするとすれば、それはヴィジョンなのではないかと思います。マトモに戦えば誰も勝てないヴィジョンなので、アントマンが奇策により善戦するも敗北、スカーレットウィッチが助けに来て異次元超能力バトル、という流れが美しいのではないか。あるいは小さくなってアイアンマン(あるいはウォーマシン)の内部に侵入、スーツを破壊するという活躍もありえます。上記のホークアイとの連携技も再現されて欲しいです。

というか改めて、アイアンマン陣営とキャプテン陣営の戦力差が酷いですね。キャプテン陣営、またの名を、最強の女とちょっと強いおじさん×5。

_______________

しかし今回の予告編は正直なところ予定調和的内容ばかりで、ファンが知りたいことはまだ隠されています(その点で優秀な予告編といえますが)。原作でのキャプテンはシビルウォー後逮捕され、ウィンターソルジャーらが救出しようとするも暗殺される、という末路を辿ります。流石にMCU映画シリーズではそうならないと思われますが、かといってアイアンマンとキャプテンが普通に仲直り、めでたし、じゃあ仮面ライダーvs戦隊シリーズみたいな東映っぽさが出てしまう。

 

【本命】:死闘の結果両陣営ボロボロ、そこにサノス乱入、アベンジャーズ3へ続く

【対抗】:バッキーとキャップがアイアンマンを追い詰めるがホークアイの説得により内戦終了

【大穴】:デッドプールがディズニーをボロクソに貶しながら乱入、単独映画公開中止へ

 

という予想をしておきます。

 

 

追記:観ました↓

yksn25.hatenablog.com