読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

髪を黒くして前髪を切るとき、ひとつの世界が終わる

僕は中学以来ずっと茶髪で、だからといって不良とかでは無かったのだけど、事実としてそうであり、かつ18歳くらいの頃から前髪(右側のみ)は少しずつ長くなっていき、今は下北沢バンドマンと池袋ダサ大学生がフュージョン失敗したかのような容貌であります。

そんな僕ですが、恐らく今月中にタイトル通り髪を染め、髪を切るという儀式を通過しなくてはならないようです。言わずもがな、この世の巨悪こと就職活動のためであります。
これまでの人生、背骨が歪むほどに足を組み続け、初対面では「意外と話しやすい人なんですね」と言われる程度に斜に構えて来たわたくしですが、ここぞといった時には8割くらいの確率で日和ってしまうのです。
現役受験生のときに受験票を持たずに志望校へ行ったことや、現役浪人含めて「滑り止めは甘え」と言って受けなかったこと(大変にムカつく行動ですが、過去のことなのでどうかおゆるしください)、大学週休7日生活などのエピソードはマイノリティであり、実際の僕はテストはサボらず、単位が貰えるギリギリまでは出席し、人のいないところで楽器の個人練をするような、そこそこに努力し、そこそこに準備し、そこそこに結果を出すタイプの人間なのであります。
従って、夏からインターン!就職活動はスタートが命!など叫ぶ愚民を鼻で笑う日々を送ったものの、12月が来た途端にマイナビやリクナビをチェックし、聖痕から血を流す苦しみを味わいながらインターンへ応募するに至ったのも至極自然なことであります。どうぞお怒りをお鎮めください。私は所詮この程度の人間なのであります。
間もなく失われる、埼玉県のコンビニの前にいらっしゃる方々のような髪の毛、それはジュブナイルな記憶と共に若さの象徴となり、50年後には誰もが知るわたくしのエピソードとなりましょう。
 
文字通りの雑文となってまいりましたが、簡潔に纏めるならば、
ぜってーー就活イッパツで決めて1年間夏休みにしてやるからなバカヤロー倒産しろバーカ!!といったものでございます。