読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

今週の刃牙道はアンビリーバブルであった

ネタバレ有りです。昨日木曜に発売された週間少年チャンピオンの中で一際異彩を放っていたのはやはり板垣恵介大先生による刃牙道でした。
何がヤバいって、先週までのコラか本物か全く見分けがつかない程の本部大活躍の勢い止まるところを知らず、いや一層加速を増し、何が言いたいかというと、本部がガイアの師匠だったってマジかよ!?とりあえず、刃牙道序盤(武蔵VS独歩辺り)から武蔵がチョコチョコ上を見上げていたのはガイアが天井裏に潜んでいたことの伏線だったのでしょうか。

2015年を通して一部界隈で話題をかっさらい続けた本部以蔵、まさかの最強格への爆上げにせよ、先週の武蔵勇次郎戦への乱入にせよ、どうもネットの声を反映しているように思われます。予想を裏切らないと気が済まない板垣センセはこれまでもネットユーザーを嘲笑うような展開を続けてきたし、読者の声を一応確認してることは間違いないでしょう。こないだのケンコバの番組でも「本部がネタキャラ扱いされているのは許せない。あいつは強い。」と言い続けていたし。
武蔵がやたら上を見ることについてはネットユーザーも冗談混じりに「ガイアでも潜んでるんじゃねーの?」と揶揄していたが、まさか本当にそうなるとは。

でも正直、グラップラー時代のキャラ同士がまた絡み合うのは面白い。範馬刃牙以降のバキシリーズの魅力とは、言ってしまえばグラップラー刃牙とバキの同人誌みたいな部分でありました。旧キャラが掘り下げられ、会話をしているだけで楽しめるくらい、キャラが立っているということでしょうか。ストーリーがグダグダでそれくらいしか楽しみが無かったとも言えます。

今後の刃牙道はどうなるんでしょうか。本部がいずれ武蔵と対決することは間違いないでしょうが、そこにガイアがどう絡むのか。ガイアとの会話あるいは試合を通して武蔵の銃器スキルをアッピールするのかもしれません。あるいはガイアと本部の二人がかりで武蔵に挑むのかもしれない。
少なくとも、当分は刃牙くんにシャドーボクシングしながら待っていてもらうことになりそうです。あと、花田はどこ行ったの?