二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

METAFIVE『META』はメタメタ良い。でも切なくなる。

発売から日が経ってしまいましたが、高橋幸宏率いるMETAFIVEの1stアルバム『META』、買ってました。高橋幸宏、TOWA TEI、小山田圭吾、砂原良徳、LEO 今井、ゴンドウトモヒコのバンド。YMOとテイさんとコーネリアスと砂原のファンである僕は間違いねえ…間違いねえよ…と言いながらアルバムを買いました。コーネリアスとゴンドウさんは最近のYMOバンドの一員でもあります。

今井さんだけ今回初めて触れることになりましたがありゃあすげえ。ボーカルにおいて音程の重要性が失われつつある現代、マルチリンガルであること、そのリズムが染み付いていることはボーカリストとしてかけがえのない才能なんだなあと感じる。
 
曲はYouTubeでもお馴染みのDon't MoveやLuv U Tokioは勿論良いんですが(特にLuv U Tokioでの、砂原良徳によるテクノポリス人力サンプリングは笑いました)、3曲目Maisie's Avenueがたまんないっす。このドラムは全編幸宏さん生ドラムなのかな…?
 (METAFIVEの幾つかのミュージックビデオ、撮影の時にTOWA TEIが都合つかなかったようで、完璧に微動だにしないTOWA TEIがめちゃくちゃ、もといメタメタ笑えます。)

アルバム後半はやはりYMOへのリスペクトがあふれた曲たち。なんせMETAFIVEはYMOのコピバンとして始まってますからね。TOWA TEIの曲であるRadioのカバーがあざといアレンジで格好良い。
 
しかし、高橋幸宏は精力的で健康的で嬉しいです。細野さんもまあ大丈夫だと思うけれども、坂本龍一は大丈夫なのかな。YMOでは一人だけ歳が若いとはいえ、この間ふと見たドキュメンタリーで、嫌な痩せ方をしていた。癌は怖い。まだ死なないと思っていた人が突然死んでしまう。
 
メタファイブの、良くも悪くもごった煮なアルバムを聴きながら、YMO、YMOの次の世代、その次の世代、というのを考えて、ふと寂しくなりました。
そういう時は1曲目に戻って、シーセイドンムー。
  
META

META

  • アーティスト: METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井)
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/01/13
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (4件) を見る