読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』渋谷アップリンク上映に行ってきました。あと競馬に負けました。

映画 雑文

ボブ・ディランを観た翌日、また渋谷に赴いて映画を観ました。バンクシー・ダズ・ニューヨーク。イギリス・ブリストル出身のグラフィティアーティストであるバンクシーがニューヨークでゲリラ的に作品を発表した一ヶ月間を追ったドキュメンタリーです。

f:id:yksn25:20160418161603p:plain

感想を書くのが難しい。示唆的で刺激的な内容で、色々と考えることが多かったためです。一緒に観た友人は資本主義への皮肉をメインに捉えていたけれど、僕はなんとなくそうは思えない。バンクシーが壁に絵を描くことで少なからず金が動き、市場経済が回るのだし、そのことは彼も重々承知のはず。

じゃあ何が彼のモチベーションでありメッセージなのか。劇中でグラフィティアートの聖地たるファイブ・ポインツが白く塗られてしまうシーンがあったのが大事なのかな、と思う。文化の保存、ミーハー市民へのからかい、「(美術館の)外」でのアート、という部分がコアだと個人的には感じます。特に「外」という考え方は、高架下に作品を吊り下げる辺りで直接言及されていました。芸術の再定義というのは美術館の中でやっていても仕方ない、そういう考えを(個人的に)受け取りました。

 

この映画、とにかく構成が繊細でよかった。バンクシーファン、美術品バイヤー、作品が描かれる壁の持ち主、転売者…という様々な「市民」の目線で、観ているこちらも巻き込む形でバンクシーという人物(団体?)を炙り出す。自分もニューヨークで宝探しをしているかのような気分でした。あと、単純にニューヨークの風景が懐かしかった。あそこ俺歩いたわ!的なシーンが多く臨場感マシマシ、完飲。といった具合でございます。

 

そんなこんなでやや意識アゲめで週末を迎え、来る日曜日。皐月賞。3,11,9に全てを賭けた僕はまさかの完敗。ノーマークの18番が華麗に1位を奪いやがった…

金をスッてしまったので、同じく負けた友人たちと代々木公園へ。酒を飲みながらダラダラしていると、謎の男女に絡まれた。「疲れてませんか?」と言われ、滅茶苦茶警戒していると、「触らずにマッサージします」とのこと。これはヤベーやつだ。手のひらをかざされ、「温かいでしょう?」と聞かれ、「あ、はい」と答える。そうしている間に謎のおっさんにも絡まれる。曰く、解体屋で国立競技場の作業にも関わったそうです。謎の男女からハンドパワーを送られながら、謎のおっさんの雑談(野球、将棋など)に相槌を打っていたあの時間。カオスの極みといって過言ではなかった。

そうして日々楽しく現実逃避しております。今後も応援よろしくお願いいたします。

 

BANKSY IN NEW YORK バンクシー・イン・ニューヨーク【日本語版】

BANKSY IN NEW YORK バンクシー・イン・ニューヨーク【日本語版】