読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

北海道一周ツーリング③ 旭川~稚内~網走~釧路

バイク 旅行

さて、前回の記事で旭川での二連泊まで書きました。

 

 

ちなみに旭川の前に富良野へ立ち寄っていたことをすっかり書き忘れておりました。気が向いたら加筆しますのでどうかご勘弁。

 

北海道5日目 旭川~稚内

f:id:yksn25:20160918184753p:plain

雨です。雨。晴れを待って旭川に連泊したのに。しゃあない。

 

f:id:yksn25:20160918184826p:plain

f:id:yksn25:20160918184904p:plain

でもオロロンライン突入辺りからほんのちょっと明るくなってきました。風力発電所がズラーっと並ぶ風景、かっけーっす。

 

f:id:yksn25:20160918184919p:plain

でも結局大雨に降られ、寒さも限界。というところで休憩小屋を見つけたので入り、ストーブをON。キツかったな…。

 

f:id:yksn25:20160918184946p:plain

そんなこんなで、オロロンラインは絶景とはいかなかったものの無事稚内に到着。超いい感じの居酒屋で贅沢。おばちゃん2人がグダグダ絡んできてくれて楽しい。

 

北海道6日目 稚内~サロマ湖

f:id:yksn25:20160918185058p:plain

翌日、遂に宗谷岬だぜ。前日行ったノシャップ岬も良かったけど、やはり宗谷岬の達成感はなかなかのもの。日本最北のコンビニ(セイコーマート)で朝食を買い、ガスコンロで豚汁を作ったりなどしてしばし休憩。最北のGSで給油証明書と交通安全お守りもゲット。

 

f:id:yksn25:20160918185122p:plain

オホーツク海側に出ると青空。この神威岬、超綺麗でした。

 

f:id:yksn25:20160918185139p:plain

でもツーリングマップルはなぜかオホーツク海側に厳しい。「単調。居眠り注意。」など。なにか嫌な思い出でもあるのか。

 

f:id:yksn25:20160918185206p:plain

この日はサロマ湖畔でキャンプ。いえ失礼、サローマ湖です。

 

f:id:yksn25:20160918185236p:plain

いい夜。酒もうまい。星も綺麗。

 

北海道7日目 サロマ湖~網走~釧路

f:id:yksn25:20160918185251p:plain

翌朝、信じられないほど快晴。うひょー!

 

f:id:yksn25:20160918185308p:plain

サロマ湖は凪状態で、鏡面仕上げバッチリ。ウユニ湖がなんぼのもんじゃい。

 

f:id:yksn25:20160918185330p:plain

友人Y君としばしダラダラ。

 

f:id:yksn25:20160918185347p:plain

網走監獄へ。僕はここに来たかったのだ。ここは囚人の人形が多数配置されており非常に臨場感溢れるオモシロスポットなのです。

 

f:id:yksn25:20160918185402p:plain

なぜか、看守の人形はどれも異常にイケメンでした。贔屓が酷い。

 

f:id:yksn25:20160918185431p:plain

網走の囚人は最先端の農業技術を身につけており、北海道開発の貴重な労働力でした。という説明のところで突然現れる「鬼ハロー」がめちゃくちゃツボでした。すみません。

 

f:id:yksn25:20160918185444p:plain

監獄食堂では囚人の食事、いわゆる臭い飯を食べられます。別にまあまあ美味くて、なんともいえない感じになりました。

 

f:id:yksn25:20160918185520p:plain

その後南下し、屈斜路・摩周湖へ。この写真はなんか微妙ですが、半端ではなく素晴らしい景色でした。パノラマで風景を一望でき、湖は雲と青空を映し出している。というのを撮影する技術はありませんでした。

 

f:id:yksn25:20160918185537p:plain

天気が良いとバイクもかっこいいっす。

 

f:id:yksn25:20160918185555p:plain

そして釧路へ。都会だ…。

 

f:id:yksn25:20160918185621p:plain

駅近くの食堂にてビールを頂く。

 

このあとは釧路湿原、少し内陸へ行って帯広、襟裳岬などなどです。