読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

『人間だって動物だい』(吾妻光良)はとんでもなくイイ曲。

お久しぶりです。気を抜くとすぐ数か月が過ぎてしまうので良くない。

 

最近何をしていたかと言うと、新宿の某ジャズクラブに通い詰めてあんな人やこんな人と知り合ったり、そのまま新宿三丁目のスナックに溜まるようになって毎日朝まで飲む生活が始まったり、卒論を書いたり、バイクに乗ったりしていました。あとここのところ深夜に突然クルマでスーパー銭湯に行くことも多かった。

 

卒論を書くことを通して、自分の関心が改めて明らかになった。そこに確かに存在した空気や人間について。忘れられようとしている時代について。アナログの世界について。

 

アナログと言えば、新宿で過ごす夜の何が楽しいって、アナログで音楽を流すバーが多いこと。今時なかなか無い。聞こえてくる音とノイズ、飾られるジャケット、それらがあると知らないオッサンたちとの会話も弾む。

 

間もなく就職、間もなく卒業という時期は、昔を振り返ったり先のことを考えたり忙しい。10代の頃も、大学に入ってからも、なんだかんだ色々と経験できた。いや、なんだかんだとか卑下する気は毛頭ないけれども。色々経験した。

あと一か月と少しで会社に所属するというのは正直ピンとこない。というか嫌だ。けれども、それこそなんだかんだ色々と経験するイイ機会なんだろう。上で先のことと書いたのはその先のこと、いつまで会社にいるのか、いつどう死ぬか。

 

 

格好いいことを書きましたが、今ぼくは財布を失くしています。イヤ~、そりゃあ、三日に二回朝まで飲んだくれていれば財布も失くなるわ。助けてください。

 

しかしまあ、たまらん名曲ですね。

 

SQUEEZIN’&BLOWIN’

SQUEEZIN’&BLOWIN’

  • アーティスト: 吾妻光良&The Swinging Boppers,松竹谷清,服部恭子
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2002/02/21
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (19件) を見る