深夜ファミレス記録

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。

会社勤めも自分を守る逃げの一手

もともと「働きたくない」「なんとかなる」つって生きてきたので、未だに会社員やってることに丁寧にアドバイス(反対)を貰ったりする。

あ、昨日の岡崎とは無関係ですけど。

 

まあだいたい、「やりたいことやろうよ」「嫌なことからは逃げていい」という言葉になる。

そりゃあそうなんだよな。フリーランスで好き勝手食っていきたい。

でも別にイヤイヤ会社員やってる訳じゃない。

 

というより、フリーランスからの逃避先が会社のハコなワケです。だって、固定給だし。サボって寝てても金が入る。仕事柄にも一応恵まれてる面もあって、かなり好き勝手生きている。やる気が出ないだけで、確かに天職なのかもしれない。

 

天職なのにやる気が出ないって、結局甘えてるからかもしれないじゃん。悪いのは主体的になれないクソ根性のせいかもって毎日思う。そんなやつがフリーランスになって、どうなるかっつったらホームレスまっしぐらだよ。

 

いや、そりゃあ俺一人は食っていけるよ。根拠もある。数字は出せると思う。でも子供を育てたいって俺本気で思ってるんすよね。教育もしっかり与えたい。そんな金、俺フリーランスで稼げる気がしない。子供を育てる金は無い、つーか自分自身レコードも買えない、飲み屋も行けない、けど会社勤めじゃないから幸せです、なんて中々言えないんじゃないかな。

 

世の中の個人事業主の4割は一年以内に廃業するって、それってつまりお金の計算を甘く見てるからそうなるんでしょう。開業にあたって借金は必要かもしれないけど、どうせ借金するんだから軌道に乗るまでなんとか借りて食いつなげるでしょうってのは絶対に違うっすよね。

 

人生で何の項目をクリアしたいかをちゃんと考えないといけない。チクショーダリーぜ!

 

ちょっと考えると、

地方都市に住む

子供を生んで教育を与える

自分の感性を曲げずに仕事する

いつ死んでも後悔しない

 

かなあ。いつ死んでもってのは、まあ死にたくないんだけど、老後の年金と退職金を楽しみに今を犠牲にはしないなって感じ。バランスですなあ。

 

今のところ俺は感性を曲げてないと思う。そんで地方都市に住んでる。なので現状はこのままかな。現状っつーのは、まあ、来月とか再来月とかそういうスパンの話かもしれないけど。

 

会社に守ってもらうのは悪くない。転職とか独立が偉いなんて思うなよ。俺は当分固定給貰いながら、自分のことと自分以外のことを考えながらそれなりにやっていくよ。善意のみんなが借金まみれで廃業する姿なんか見たくねーっすよ。