深夜ファミレス記録

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。

今週のバキアニメ感想 第12話『キャンディ』

ついに公開1時間でブログを更新してしまった。そ、そのうち刃牙以外のエントリーもちゃんと書きますから…

 

 

長ったらしかったドリアン編も終わり。

アニメで言うと、独歩にボコボコにされたドリアンの歯がカタカタ言うシーン、アレはなかなか乾いたラテンの香りのするいい音が鳴ってましたね。

 

マジでそんくらいしかない。

 

加藤の絶叫とか楽しみにしていたけど謎の赤いオーラ出てあれっ加藤はサイヤ人かな?と思った程度。

 

あ、爆弾でプスプスされた独歩の顔面はなかなかグロくて良かった。

 

キャンディ買ってあげようの烈の顔は原作でもキモいのでアニメでキモいのは当然だな。

 

ウーーん、まあ刃牙と梢の話はどうでもいいや。シコルスキーくんは幸せになれる未来が全く見えないので、登場するとこっちが悲しくなる。猪狩とだけ戦ってておくれ。

 

烈とドリアンの問答は、正直俺あんまり理解してないんだよなあ。負けを欲してるけど負けられなかったから勝ったことがない、なら負けたってことで、欲したものを得てるから勝ったってことで…って循環しちゃいませんか?

俺がバカなんですかねコレは?

 

まあそもそも独歩に明らかに負けてるから、烈がドリアンを無敗認定するのがおかしいと思いますけど…

 

原作だと随所であのデカいテロップというかナレーションでそれなりに説得力が出るけど、アムロ・レイがモニョモニョ喋ったところでそんなに…って感じで楽しいアニメですね。また来週ッ