読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二輪と深夜とロックンロール

ジャズとロックとバイクと喫茶店とそれらが出てくる本が好きです。元『東京文系大学生』。

今週の刃牙道 93話「先手」感想。 最大トーナメント準優勝のジャックが初戦負けの本部にボコボコにされるわけねーだろ!

先週はボウイの死のショックで刃牙の感想を書きませんでしたが、今週は書きます。ジャックが戦っているのだから。

 

今週は最初からジャックと本部が公園で向き合っているところからスタート。舞台設定が夜の公園というのも、本部がネットでどのような扱いなのかを作者がしっかり調べている感じがあって胸糞悪いですね。

先制攻撃は本部、吸っていた煙草を突然アンダースローでジャックに投げる。まあアライジュニアに対して渋川や独歩もやっていたような幕開け。なぜかまったく回避行動を取れず、火の付いた煙草が左目に直撃するジャック。おかしいだろ!ジャックはシコルスキーが全力で投げたを難なく歯で受け止めた上に口の中で結んで吐き出すモンスターだぞ。どうしてしまったんだジャック。

煙草が目にあたって怯むジャックに向かって本部は見事なドロップキック。お前柔術家じゃねえのか。ここで、開幕そうそう油断したことを反省するジャックは、とりあえず服を脱ごうとするもそこでまた隙が生まれる。本部は背広の下から木刀を取り出すと、ジャックの脛めがけておもいきりヒットさせる。痛がるジャック。もう一発木刀。痛がるジャック。ダウンしたジャックをニヤニヤと見下しながら、脳天に木刀で一撃。悲鳴を上げるジャック。

 

なんだこれ………。

 

まず。途中のジャックのモノローグ、「これは競技ではない!!!」とかそういうの、もうずっと前から同じことやってますね。この漫画は。死刑囚でやり、オリバでやり、ピクルでやり…。こいつらはアルツハイマーなのか。勿論釘を歯で受け止めたジャックが煙草を食らうのもおかしい、木刀で脛やられてダウンするのもおかしい。

 

ただ、今週の締めだけはジャックの見せ場でした。木刀で脳天唐竹割りされたジャックですが、にやりと笑いながら飛び起きて、背中に力を入れると服が破ける。こ、これは。まさか鬼の貌なのか。遂に出すのかジャック。しかし今出してしまうと、鬼を出して尚本部に負ける糞雑魚キャラとなってしまう可能性がある。ほんとは、鬼なしで本部に勝ち、武蔵戦で鬼披露の流れが望ましかった。しかし出してしまうならしょうがない、本部を範馬パワーでぶっ倒し、なんとかして武蔵と戦ってくれ。

頑張ってください、ジャックハンマー…。

 

ちなみに今週はキャラ最強投票の結果発表でした。

1位:範馬勇次郎
2位:範馬刃牙
3位:宮本武蔵
4位:ピクル
5位:範馬勇一郎
 
6位:花山薫
7位:烈海王
8位:郭海皇
9位:ビスケット・オリバ
10位:渋川剛気
 
11位:愚地克巳
12位:愚地独歩
13位:本部以蔵
14位:ジャック・ハンマー
15位:ガイア
 
16位:シコルスキー
17位:ドイル
18位:スペック
19位:夜叉猿
20位:純・ゲバル
 
21位:鎬紅葉
22位:マウント斗羽
23位:柴千春
24位:ドリアン
25位:柳龍光
 
26位:マホメド・アライJr.
27位:猪狩完至
28位:アイアン・マイケル
29位:ボルト
30位:寂海王

 

もう突っ込みきれねえっす。こんな票結果になるわけがないよ。おかしいよ。
上位5人はまあもういいですよ。しかし花山が郭海皇より強いわけがねーだろ!外伝の売上への配慮パワーが凄すぎる。花山は保護されているのだ…。
あとジャックは渋川に完勝してんだろ!更にいえばアライジュニアが千春より弱いってそりゃ無いぜ。
まあ何より、13位本部、14位ジャックというところです。もう駄目だ。ジャックは負けてしまうのか。
RDF 強きを求めし者 ジャック・ハンマー 【reversal版】

RDF 強きを求めし者 ジャック・ハンマー 【reversal版】

 

 それでも、ほんとかっけーっす、このフィギュアは…。体つきもこの時代が一番いい。なんだ今の末端肥大症状態は…。